スポーツ医科学総合研究システム

運動生理学・エネルギー代謝・環境科学の研究領域を融合

多様な研究が総合的に行える 画期的スポーツ総合研究施設




特徴

Fuji Human Calorimeter
住環境・四季の環境変化と体温調節反応・エネルギー代謝の変化に対応する
  温度制御方式を新採用。
FLOWシステムは、IN-OUT個別制御方式を採用。
  従来のpull型に比べ更に高精度な制御を実現。
最速のアルゴリズムを採用。

室内環境(温度/湿度) 5~40℃/RH30~80%
サイズ/広さ/容積
W2400×D3600×H2900/8.62/20.2m3
分析システム
Fuji HC 分析システム massタイプ 
Fuji HC 分析システム スタンダードタイプ
エネルギー計算法 高速アルゴリズム対応

運動と代謝・栄養 (生活習慣病の予防研究)
安静時・基礎代謝測定
肥満とエネルギー消費の関係
生活習慣病とエネルギー消費の関係
年代と性差とエネルギー消費との関係
小児・高齢者のエネルギー消費の関係
新薬・健康食品の研究開発
妊産婦のエネルギー消費の関係
代謝を促進する遺伝子の探索とエネルギー消費
運動トレーニングとエネルギー消費の関係
栄養管理とエネルギー代謝
DIT:食事誘発性熱産生の測定

研究利用領域

<表>

運動と内部環境の適応性
運動と体温調節(産熱・放熱)と皮膚温の変動
高温・低温環境下における運動
 (循環器系機能及び体温に及ぼす影響・体温調節系の反応)
恒常性の維持と環境に対する適応性
発汗(精神性発汗と温熱性発汗・運動時の発汗)
生体リズムの研究
体温調節系における個体差の定量化に関する研究
室内温熱環境
夏季における至適温熱環境の個人差に関する研究

低酸素(高酸素)の環境における生体との関係性
低酸素(高酸素)の環境における運動能力の持続的な実験及び調査
高酸素環境下での疲労回復・コンデション効果とダイエット効果
有酸素運動の効果の試験研究

Fuji人間科学環境システム

Environmental Test Room 研究利用領域